デイサービスでの急変対応について

佐賀,バイト看護師
デイサービスを利用している方は、介護を必要としている在宅で生活をされている方です。

 

デイサービスの利用者さんは、体調の落ち着いている方たちで、入浴や、食事、レクレーションなどを楽しみに利用しています(^o^)

 

体調が悪い時は、デイサービスはお休みしてもらっています。

 

しかし、年齢が高齢だったり、基礎疾患を持っている方々ですから、いつ急変があってもおかしくありません(´・Д・)」

 

介護施設を利用している利用者さんには、高血圧の方が多く、脳梗塞や再梗塞を起こす方もいます。

 

また、心疾患をもつ方も多いですから、突然の心不全もあります。

 

低血糖や高血糖による昏睡も危険です。

 

高齢者は、便秘になりやすく、腸閉塞を起こし、突然の嘔吐や意識レベルの低下が起こることもあります。

 

排便時の排便ショックもよく見られます。
急な嘔吐、冷汗、意識消失など起こしますが、すぐに改善します。

 

この他にも、突然の急変が起きやすいんですよね( ;´Д`)

 

デイサービスの利用中に急変があった場合、まずバイタルを測定します。

 

安静臥床させ、必要に応じて下肢を挙上したり、気道の確保に努めます。

 

全身状態を観察し、異常のある箇所を確認します。

 

デイサービス内での医療行為はほとんどできません。

 

ですから、ケアマネから主治医に連絡を取ってもらい、指示をもらいます(´・Д・)」

 

主治医の指示により、必要があれば救急搬送します。

 

救急搬送の際は、病院に家族が来るまで看護師が付き添います。

 

また、すぐに意識が戻るような場合には、主治医が往診などしてくれますから、状態を主治医に伝えます。

 

どんな場合においても、看護師は冷静に対応し、介護士に指示を出すことが大切ですね_φ(・_・

 

迅速な対応が、利用者さんの予後を左右しますから、看護師、介護士、ケアマネの連携も大切になりますよ^_^

老健での看取りってどんな感じ?フルコースで救命や転院するケースもあるの?

老健の看護師は基本的には看取りを行っていません(´・Д・)」

 

本来は、在宅復帰支援施設として入所しており、看取りまでの入所希望の方は、特養に入所しています。

 

しかし、特養の入所は待機人数が多く、老健で特養の空き待っている利用者さんも多くいます(・_・;

 

老健で、もし利用者さんが看取りの状況になったとき、本来は在宅で看取りをしてもらうとか、入院してもらいます。

 

在宅で看取りが出来ない、入院の受け入れをしてもらえない、そういった場合に、老健で看取りをせざるを得ない場合のみ、施設での看護師の看取りを行っています(´・Д・)」

 

うちの老健で看取りを行っている方は、基本的に延命を希望しない老衰の方です。

 

苦痛になることはせず、安らかな最後を希望される場合の看取りです。

 

もし、利用者家族が救命を希望している場合は、施設内での看取りは行いません。

 

救命を希望している場合は、施設内で対応できないため、病院へ入院してもらいます。

 

病院も、治療や延命を希望する場合は、老衰でも入院の受け入れをしてくれます。

 

施設内において、全く延命など行わない看取りの場合は、自然にまかせて、必要以上の治療などは行いません。

 

老衰によって、自然に亡くなる場合、点滴加療など行ってしまうと、心臓に負担がかかり、浮腫がでたり、無駄な苦痛を与えてしまいます(;´Д`A

 

ですから、利用者さんに無理のない程度の水分補給などを行いながら、最後の時を待ちます(u_u)

 

いよいよとなった時は、家族に連絡を取り、施設ドクターもかけつけます。

 

呼吸停止が確認されたら、心電計により心停止の確認を行います。

 

ドクターが死亡確認を行ったら、エンジェルケアを行い、葬儀屋さんが迎えにくるのを待ち、お見送りします(。-_-。)

 

老健での看取りには、まだまだ課題がありますが、何より利用者さんが靴を少なく、最後の時間を過ごせるようケアに励んでいます。

 

シミウスの解約

小児科クリニックでパートをする時の注意点はありますか?冬は残業が多そうですが・・・。

クリニックでの勤務は楽だと思っている方が多いと思いますが、クリニックの中でも小児科で働いてみると、その業務のハードさに驚くと思います。

 

患者さんが全て子供である小児科では、風邪やインフルエンザが流行する冬の時期は、確かに残業が多くなります。

 

子育ての経験がある方であれば良く分かると思うのですが、子供が小さい時というのは、すぐに風邪を引いたり、熱を出したり、保育園に通っている事で、病気を貰ってしまう事も多々あります。

 

それに、インフルエンザや感染性胃腸炎など、スタッフが貰ってしまう場合がありますから、スタッフの欠勤によってさらに業務が忙しくなる事もあります。

 

基本的に、パートや派遣の場合は、残業が免除されるといったイメージがありますが、ギリギリのスタッフで業務を回しているクリニックでは、たとえパートやバイトでも、残業を強いられるケースが多いのです。

 

残業を避ける理由で小児科クリニックでの勤務を希望するのであれば、その職場の勤務形態を事前に確認する事がとても大切です。

 

プライベートを重視したいとの理由で、せっかくクリニックに転職しても、残業が多い職場だったら、転職した意味がなくなってしまいます。

 

それに、残業を避ける為にパートやバイトで働き始めたとしても、忙しい職場の為に残業を頼まれると、断れなくなってしまうのが実状です。

 

看護師の仕事は、病院であってもクリニックであってもハードですから、ストレスを軽減する為にも、自分の希望にあった職場を選ぶ事が大切です。

 

希望に合った職場を探す為には、看護師求人情報サイトを利用して、職場環境を詳しく確認した上で、失敗のない転職をする事をお勧めします。

 

職場環境が事前に確認できれば、転職に失敗する事はありません。