小児科クリニックは残業の嵐!特に冬は帰宅が21時を過ぎる事も・・・

クリニックの仕事って、病院より楽そうだし、日勤だけだし、カレンダー通りのお休みだし…子育てしながらでも働きやすいかなぁって思っていました^_^

 

しかし、小児科クリニックで働いてみると、意外と大変でした(・_・;

 

小児科って、夕方の混み具合がすごいんですよねヽ(´o`;

 

やはり、仕事帰りのお母さんたちが連れてくるため、夕方5時過ぎから突然待合室が患者さんで溢れます。

 

子供って、夕方になると熱をあげるし、学校や保育園から電話がきて、慌てて受診なんてことも多いからなんですよね(;´Д`A

 

週末なんかは、日曜日はクリニックが休みだからと、さらに混み合うんです。

 

夕方から一気に数十名の患者さんが来るから、診察が終わるのは19時を回ることも当たり前です(;´Д`A

 

しかも、高熱だったり、嘔吐してぐったりしている場合は、採血や点滴を行います。

 

炎症反応が高い時は、内服薬だけでは治りにくいので、抗生剤の点滴が必要になりますよね。

 

また、子供は急激に悪化しますし、脱水にもなりやすいため、点滴を行った方が、夜間も安心です(´・Д・)」

 

だから、ぐったりしている子供は、必ずといっていいほど点滴を行います。

 

19時から点滴を行えば、終わるのは最低でも21時は過ぎます(・_・;

 

なかには、500mlの点滴を一本点滴しても、嘔吐が止まらない子供もいるため、さらに追加…なんてこともあります(;´Д`A

 

冬場は、インフルエンザや嘔吐下痢症が流行するため、そんな子供たちが沢山きます。

 

だから、冬場は定時で仕事が終わることなんてないし、クリニックはナースが少ないから、ほぼ毎日のように遅くまで残業なんです(-。-;

 

せっかく楽そうなクリニックに就職したと思ったのに、想定外な勤務状況だった…なんてことになりますね(?_?;)